各社のサービスの違いを把握しよう

おまとめキャッシングをより賢く活用するために各社の細かい違いも理解しておくとよいでしょう。例えば、利用限度額がいくらまでかという点です、まとめた場合に限度額がオーバーしてしまう可能性がないか事前に確認しておくことは大切です。限度額も500万円~1000万円以上まで金融機関によって設定の幅がありますので、まずはまとめる金額を把握して、対応している金融機関を探しましょう

また、来店する必要があるのか、口座を開設する必要があるのかといった手続き上の細かな点も確認しておくとよいでしょう。銀行各社は手続きに時間がかかり、来店しなければ借り入れができないという会社が多いものの、中には来店不要で口座開設も必要としない会社もあります。また、対応しているATMがどこにあるかも非常に重要で、自宅や会社の近くにATMがあれば返済も楽ですし、現金が用意できる際には繰り上げて返済する手続きも楽になります。

また、おまとめキャッシングを利用したいときに収入がない場合には、所得証明書が不要としている金融機関を探してもよいでしょう。もちろん所得証明書が不要の場合は借入額の上限もそれほど高くはないですが、300万円くらいまでは対応している金融機関が多いようです。

まとめるキャッシングを活用

実際に多重債務を終了しておまとめローンで一つの金融機関で返済していく場合、どこの金融機関に統一するかも悩みどころです。そのため、各会社を比較して一番メリットのある金融機関を賢く選ぶことが必要です。そのために確認しておきたい事の一つに、大手消費者金融か銀行各社のどちらにするかということです。

消費者金融でおまとめローンを利用する最大のメリットは、審査が甘く、迅速ということです。もちろん銀行各社に比べると金利は高めですが、早急にローンをまとめて負担の少ないキャッシングをしたいという方にとっては、消費者金融のスピーディさは魅力となるでしょう。大体、目安としての金利は4%から18%の間くらいです。まとめる借入額が高額であるほど金利が安くなりますので、総合的に判断するのが良いでしょう。

銀行各社でのおまとめローンは、なんといっても金利の安さが魅力です。しかし、手続きに時間がかかったり、利用条件が厳しかったりと消費者金融のようにスピーディな手続きとはいかないことがほとんどです。とはいえ、銀行ならではの安心感はありますし、審査が通れば返済も消費者金融と楽にはなりますので、おまとめローンを検討する際には相談しておいて損はないでしょう。

LINK・・・http://noloan.com
おまとめローンを行っている「NOLOAN」です。

複数のキャッシングを一社に

多重債務者という言葉をご存知でしょうか。複数の金融機関からキャッシングをしている人のことで、それらの人はそれぞれ利率の違う金融機関での返済のため、高額な利息を支払っている可能性があります。返済のために別の金融機関で小額を借り入れるというところから多重債務は始まるケースがほとんどで、小額ゆえに高金利で返済が強いられてしまいがちです。そこで、消費者を救済する目的で考えられたのがローンをまとめるキャッシングサービスです。おまとめローンとも呼ばれるこのサービスは、総量規制の対象外での貸し付けが許可されているため年収の3分の1までの借り入れという枠外で借り入れを行うことができるようになっています。

このおまとめローンというキャッシングサービスによって、金利の高い金融機関の返済のために一つの金融機関から一括で借り入れ、まずは金利の高い借り入れを完済することができます。そのうえ、一本化する金融機関では、まとめたキャッシングの額となるため高額となり、金利が安くなるというメリットが考えられます。このサービスによって、より計画的な返済が可能となりますし、自分自身でも借り入れの実情を常に把握できるというメリットがあり、新たに余計な借り入れをして返済を難しくさせるという悪循環を断ち切ることが期待できます。おまとめローンを提供している金融機関によって金利などにも差が出ますので、一番お得になる金融会社を探して利用するようにしましょう。